なんで? イケアやアップルが広大な森林を買いまくっている理由

なんで? イケアやアップルが広大な森林を買いまくっている理由


その結果、風が吹けば桶屋が儲かる的なことも。

イケアは、先月8万3000エーカー(約336平方キロメートル)の森を購入しました。アップルは、今年の4月に3万6,000エーカー(約146平方キロメートル)を。

昨年、フェイスブック、グーグル、ウォルマート、それに前述のイケアとアップルなど、テック及び小売系の巨大企業は、風力や太陽光など再生可能エネルギーの発電所を建設したり、購入したりしました。また、ほぼ同数の企業が、会社で使用する電力はすべて再生可能エネルギーにすると誓っています。

イケアはこれを「エネルギーの自立」だと言っています。フェイスブックは、すでにすべてのデータセンターの電力を再生可能エネルギーでまかなっています。今後は、紙や木材の原料となる森林を購入することで原産地を管理し、サプライチェーンを大幅に減らそうとしています。

先週ウォール・ストリート・ジャーナルは、イケアがルーマニアとバルト海沿岸のおよそ10万エーカー(約405平方キロメートル)の森を購入したと報じました。イケアは、ロシアでの行き過ぎた森林伐採によって、昔ながらの価値ある森林を破壊していると訴えられています。そのため、ロシアではこれ以上森林を伐採せず、代わりにルーマニアで森林を育て、会社運営のための再生可能な資源をつくるために森林を管理するようです。

また、イケアは家具の生産のために、世界の森林の1%にあたる木材を使用しています。今後5年間でそれを半分に削減する計画も立てており、使用する以上の森林を育てるべく“森に優しい”企業になろうとしています。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2015年8月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。