こんな花見たことある? 2万倍に拡大しないと見えない有機化学薬品から咲く花

こんな花見たことある? 2万倍に拡大しないと見えない有機化学薬品から咲く花

あの人に、まだ目にしたことない花を贈りたいと思ったら。

上の画像をさして、これは花ですと言われたら、カーネーションかなと思うのが普通です。が、化学の世界では違います。これ、有機化学薬品をちゃちゃっとミックスして作った花なのです。その大きさたったの10ミクロン。

メルボルンのRMIT大学のSheshanath Bhosaleさんが作ったこの小さな花は、水の中にホスホン酸とメラミンを入れて混ぜることで生まれます。水素結合が起こることで、まさにカーネーションの花びらのような波打つ形状に。薬品ミックスから花が咲くまでにかかる時間は、3時間ほど。大きさたったの10ミクロンのこの花を、大学の研究員たちはマイクロフラワーと呼んでいます。画像は2万倍に拡大したもの。

もちろん、観賞用にマイクロフラワーを作るわけではありません。結晶の構造は、新たな疎水性コーティングの開発に繋がるのです。この花は、研究の中でうまれた、いわば地球では珍しい水を嫌う花なのです。


image1 by RMIT-Indian Institute of Chemical Technology Research Centre)
source: Scientific Reports via New Scientist

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(そうこ)

■ あわせて読みたい・たぶん世界で一番ハイテクな卓球台は幕張にある
人工知能のワトソンって簡単に使えるの?
スマホの次の時代はこんなところでアプリが活躍しそう!
スマホのカメラはコンデジにとって変わるか
日常で「くつろぎ」を確保するビジネスマンは発想力があるという事実

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2015年10月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。