α7s IIで夜を撮ってみたら…テクノロジーってすごい

α7s IIで夜を撮ってみたら…テクノロジーってすごい


高感度でも美麗!

光が足りなそうなシチュエーションで写真を撮るのって、気が乗りません。暗い場所だと、カメラの感度って人間の目には全然かなわないことを思い知らされるからです。でも、テクノロジーってすごいですね。ある夜、ソニーのα7s IIで写真撮ってみたら、デジタル写真はここまできたか…と感慨を深めてしまうほどだったんです。

そう遠くない昔、フィルムが唯一の静止画保存方法だった頃は、暗い場所で写真を撮るのって大変でした。高感度の白黒フィルムなら粒子の粗さが独特の美しさにもつながっていましたが、カラーフィルムではただ見栄えが悪いだけでした。人為的な光を置くか、長時間露出が可能かでない限り、納得行く写真なんて無理でした。

でも今どきのデジタルセンサーは、光を集めることに長けていますが、デジタルが最初からそうだったわけじゃなく、しかもその進歩はゆっくりとしていたので、これまで多少進化したところで素直に喜べませんでした。でもこのα7s IIに関しては、違います。

このカメラは作りとしてはα7R IIと非常に似ています。でもα7s IIの最大の特徴は、ISO感度を高めたときのありえないほどのパフォーマンスです。その点に関しては去年のα7sも高評価でしたが、新しいα7s IIをブルックリンで夜散歩しながら試してみたら、つい立止まって、すげえ、と言うほどの感動がありました。


α7s IIで夜を撮ってみたら…テクノロジーってすごい


α7s IIで夜を撮ってみたら…テクノロジーってすごい


この記事に貼っている画像は全部、夜に手持ちで、ほとんどはISO12800以上で撮ったものです。ISO12800というのは最近まで、ただスペックとして見せるためだけの値であり、実際使うとノイズがひどいのが常でした。でもα7s IIは画素サイズが通常より大きく、より多くの光を集められるんです。そのため解像度は低めの1200万画素にとどまりますが、ほとんどの人はそれで十分なはずです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2015年11月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。