アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」

アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」


エレアコじゃなくても大丈夫。

iPhoneiPad向けのDTM製品を多数発売しているIK Multimediaから、新製品「iRig Acoustic」が発売されました。この製品、アコースティックギターやウクレレのサウンドホールにクリップで留めるだけで、録音ができるマイクです。

通常、DTMなどでアコースティックギターの録音をする場合は、エレアコを使うのが手軽です。しかし、エレアコを持っていないという人もいるでしょう。

エレアコがなくても、マイクを立てて録音すればいいんですが、アコースティックギターの録音って意外と難しいんですよね。家だといろいろな音を拾ってしまいそうだし、スタジオ借りるのも面倒だし……。

でも、「iRig Acoustic」ならば、簡単にアコースティックギターの録音ができるんです。

通常アコースティックギター用のマイクといえば、ピエゾやマグネティック・ピックアップですが、iRig Acousticには最先端のMEMS技術(Micro Electrical-Mechanical System)を採用。弦の振動だけでなく、リアルな音を録音することが可能です。


アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」


このiRig Acousticと一緒に使うと便利なアプリが「AmpliTube Acoustic」。使用するギターに合わせた設定を行なえるほか、各種エフェクトを適用可能。もちろん録音もできます。

うーん、これはアコースティクギター宅録派にはよき相棒となるのではないでしょうか。価格は49.99ユーロ(約6,500円)。アプリのほうは無料版と1,200円の有料版が用意されています。

これ、1度使ってみたいなー。どのくらいいい音なんだろう。


source: iRig AcousticAmpliTube Acoustic FREE

(三浦一紀)

■ あわせて読みたい・【悲報】今年のクリスマスはサンタが増殖するかも
向かうところ敵なし! 超行動力系女子必携のスマートフォンが登場
世界記録達成! 世界よ、これが日本の工業高校生だ!
ニキビ問題を解決するアプリが出た
実車のない自動車メーカーイベント。MINIがまとう「インベンティブ(独創性)」とは

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2015年11月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。