NASAが宇宙飛行士の募集開始。米Gizmodo記者の熱意は伝わるか?

NASAが宇宙飛行士の募集開始。米Gizmodo記者の熱意は伝わるか?


条件満たしてなくても応募しちゃう。

NASAがついに、未来の宇宙飛行士の募集を開始しました! お給料は年間6万6026~14万4566ドル(約800~1800万円)、各種手当も充実、さらに「出張多数の可能性あり」。その出張先って、火星かもしれないんです。

まさにドリームジョブ、というわけで、米GizmodoのAdam Clark Estes記者は自身の応募書類のカバーレターを公開しています。といっても「数学か自然科学、エンジニアリング、生物科学の学士、あるいはそれ以上の学位」が必要という応募条件を満たしていないのですが、とにかく熱意をこめたカバーレターがこちらです。


NASA御中

ハーイ、Adamです! 私は貴局の取り組みのファンで、特にナイキエアなどは最高です。私は子供の頃から、いつか宇宙に行って、無重力空間に浮かびながら成人用オムツを履いて、深い闇をのぞいてみたいものだと夢見てきました。インターネットで御社が宇宙飛行士を募集していると知り、私もぜひ応募したいと思いました。

良いニュースからお伝えさせてください。私は歴史と文学の学士の学位を持っています。その中にはアインシュタインに関するクラスもひとつあり、そこでは宇宙に関する話題もたくさんありました。また「時間つぶし」という美術のクラスもありました。私は以前ボートの漕手であり、けがでやめてしまったのですが、今はもう完治しています。大学卒業後はブログライターとしてのキャリアを積み、いつか冒険的ミッションについてプレスリリースを書くために便利なスキルを身につけました。タイムトラベルについてのブログ記事もいくつか執筆しました。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2015年12月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。