Apple Watchを2台シンクさせて使えるようになります

Apple Watchを2台シンクさせて使えるようになります


2台持っている人がいればですが...。

なかなか大流行り!とまではいっていない様子Apple Watchですが、Appleは少しずつ改善を重ねているようですね。最新のアップデートでは2台以上のApple Watchをペアリングさせることができるようになったようです。iOS 9.3ベータとwatchOS 2.2ベータを利用したデベロッパー向けのアップデートですが、これが一般消費者向けに利用可能になれば、誰でも気軽に2台のApple Watchを使い分けることができるようになりますね。

たとえば色やデザインの違うWatchをファッションやフィットネスなど目的に合わせて使い分けたりができますね。ほかには...えーっと...ちょっと思い浮かびません。そもそもApple Watchを2台持っている人ってそんなにいるんでしょうか? Apple Watchユーザーにはその将来性や、「不必要だけどちょっと面白くなりそう」な感じに惹かれている人も多いようです。まだまだ本領発揮はこれからということでしょうか。

The Next Webは2台以上のペアリングはフィットネスに特化したウェアラブルデバイス展開に向けてのAppleの布石なんじゃないかと予想しています。Apple Watch、今後の動向に注目です。


source: The Next Web

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

■ あわせて読みたい・お弁当を食べて泣いたことがありますか?
2016年にマスターすべきスキルは?
全長約62m、11段タワー! 軽自動車内に鉄道おもちゃのレールを組んでみた
仕事の質を上げる、スマホの選び方
年始で忙しくても、パーティタイムは死守!

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年1月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。