牛は想像以上に怖いんです

牛は想像以上に怖いんです


牛は友だちだと思ってるみなさま。

アメリカではサメより牛に殺される人の方が多いって知ってました? ホラー映画もシャーク特番ウィークもないのでレーダーに引っかからないだけで、秘めた殺意があるようです。

人間を意図的に殺す


米疾病予防管理センター(CDC)によると、アメリカでは牛に殺される人が年間推定約22人おり、うち75%は意図的攻撃とわかっています。3分の1は攻撃的態度の前歴がある牛によるものでした。

4州で起きた21件の事件を動物行動学者が調べてみたところ、牡牛が殺したのは10人、雌牛が殺したのは6人という結果でした。ちょっとゾッとしたのがグループによる犯行で、これも5例にのぼります。

集団暴行は、驚くほど組織的に行われていました。守りの体制のとき、牛は背中合わせで円陣を組んで、首をうなだれ、土を踏みしめます。ところが攻めの体制になると、何頭かが群れを先導して猛進していくんです。犬の散歩中に襲われた男性は、その時の模様をこう語っていますよ。「前につんのめって転んで立ち上がろうとすると、そのたびに飛びかかってきた。脚で斜面を転がしながら、体を開こうとしてくるんです。全部で7頭か8頭いて、リーダー格は2頭でした」

命は助かっても、ダメージは相当なものです。2014年、自転車レースの先頭を切って牧草地を通過中、牛に集団暴行を受けた登山家兼サイクリストは、肋骨8本と肩甲骨、背骨が骨折しました。 同年襲われた女性も肋骨6本が折れ、片肺が破裂する重傷を負っています。牛は殴る蹴るの暴行がメインですが、体の下に頭を突っ込んで空中に放り出して地面にグシャン、ということもします。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年1月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。