ガジェットの原点ここにあり! プレミアな「スパイカメラ」まとめ

ガジェットの原点ここにあり! プレミアな「スパイカメラ」まとめ


ガジェットの元祖はスパイグッズだと思っています。単なる便利なデジモノではなく、驚きの仕掛け満載で、(多くの場合は)隠せるほど小さくて、大量生産されず、どこか謎めいている。

そんなスパイグッズの代表例といえばスパイカメラです。写真撮影は昔から、「決定的証拠」として、スパイのミッションそのものになってきました。当然、その任務を遂行するために、誰も思いつかないような方法でカメラを持ち歩く必要があります。

そんなスパイカメラが、多数紹介されていました。どれもプレミアムがついて大層お高いのですが、見てるだけでも眼福にはなります。

たとえば……


● タバコカメラ

ガジェットの原点ここにあり! プレミアな「スパイカメラ」まとめ

ラッキーストライク型スパイカメラとOhio Safetyマッチ箱型露出計(Mast Development Corp., USA, 1949)
Bonhamsにて500万円~780万円

● 腕時計カメラ

ガジェットの原点ここにあり! プレミアな「スパイカメラ」まとめ

ABC Watch Camera(Steineck, Germany, 1948)
Bonhamsにて19万円~28万円

● ピストル型カメラ

2-16カメラ(ドリューカメラ, 日本, 1952)
Bonhamsにて220万円~310万円

● 双眼鏡カメラ

Le Physiographe (L. Bloch of Paris, 1896)
Bonhamsにて47万円~78万円

● 本型カメラ

文庫本カメラ(Haake & Albers, Frankfurt, 1888)
Bonhamsにて54万円

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年1月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。