イルカの赤ちゃん、ビーチで人間たちが写真を撮りまくってる間に死んでしまう

動画を見る


ちょっとひどすぎます。

先週、アルゼンチンのビーチで絶滅が危惧されているイルカの赤ちゃんが海から引き上げられ、観光客たちが写真を撮りまくっているうちに命を落としてしまうという悲劇が起こりました。

世界自然保護基金の地元団体であるVida Silvestreによると、サンタ・テレシータのビーチで観光客が海にイルカがいるのを見つけ、陸に引っ張り上げたうえ、スマホで写真を撮る観光客たちに囲まれて、最後には死んでしまったとのこと。このイルカは「ラプラタカワイルカ」で水から出されると、特にすぐに弱ってしまう種だったんです。

ラプラタカワイルカは小型のイルカで、約152cmほどの体長まで成長します。そして絶滅危惧II類に属しているんです。Vida Silvestreによると、現在では野生に3万匹弱しか生息していないそうで、この種のイルカの数が回復する見込みはないと話しています。

イルカを見つけたら、とにかくすぐに水に戻してあげてください。セルフィー撮ってる場合じゃありません。


source: Vida Silvestre , Ubergizmo

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文
(リョウコ)

■ あわせて読みたい・飛行犬 vs 猫パンチ! 「いいね!」入れ食いの悶絶写真の撮り方は?
神奈川の茶室が異世界過ぎる…。
iPhone 5se、iPad Air 3…アップル噂まとめ
21世紀に活躍できる子どもを育てる4つのカギとは?
デカウサギの動物園やレトロ喫茶…今日は西葛西の魅力を再発見しました

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年2月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。