SXSW語録「人間の運転手は肉ベースのアルゴリズムである」

SXSW語録「人間の運転手は肉ベースのアルゴリズムである」


「UberとLyftは言うなれば、ハンドル握ってる肉ベースのアルゴリズム…で動いてる自動運転車なんだよね」

と、スタンフォード大学REVS自動車研究所のReilly Brennan所長がSXSWカンファレンスで口を滑らせ、なんてこと言うんだ!(そのとおりかもしれないけど!)と会場が一瞬凍りつく一幕がありました。

肉ベースの講演者のBrennan所長がそのとき何を思ってそう口走ったのかはわかりませんが、

A) シリコンバレーが21世紀の労働者をどう見ているかが端的にわかる名言
B) SXSWの過去15分で最悪の失言

と言えるでしょう。

ツイートによると、発言は自動運転車の明るい未来を展望するセッションで飛び出た模様です。ロボットに追い出される、ハンドルの後ろの肉の塊。ちっとも明るい気がしないんですが、まあ、シリコンバレーのジャーゴンが無神経なのは今に始まったことじゃないですわなあ。

ロボット化の波で雇用が激変するのは今や誰でも知ってることですよね。それじゃなくても低賃金で今生活やっとな人たちが、その仕事さえ自動化の波で失ってしまったら、その先どうなっちゃうんだろう…。誰よりも自動運転車の未来にワクワクしてるGizではありますが、この先10年のこと思うと暗澹たる思いに沈みます。

Brennanさんの発言が失言かどうかはさておき、迫りくる厳しい現実を突きつけてくる言葉ですね。人間はみな交換可能なんですよ。みな肉ベースのアルゴリズムで、日々労働する中でシリコンバレーにデータを採取され、マシーンにフィードされている。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年3月22日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。