Facebook「世論操作してません」議員「よしよし」

Facebook「世論操作してません」議員「よしよし」


トレンド記事選定プロセスを一応ちょっと変えて、幕引き?

Facebookで「トレンド記事」とされてたものが、実はそれほど話題じゃないのに注入されたとか、逆に話題なのに外された記事があるとか、そんな疑惑が浮上していました。米国議会も説明を求める事態に発展し、Facebookは2週間にわたる内部調査に取りかかりました。その結果彼らが提出した報告書(英文)には、「組織的なバイアスはなかった」とありつつ、トレンド記事選定プロセスを変更したことが書かれています。

報告書の中でFacebookは、これからは「トレンド入りしたトピックの重要性の特定、検証、評価」に外部のニュースサイトやRSSを使わないと言ってます。米Gizmodoが取材した匿名の元Facebookのニュースキュレーターは、実際トレンディングしていない記事をトレンド入りさせるときに、大手ニュースサイトを使っていたと言ってたんです。その後Facebook自身も、トレンド記事選定にあたってNew York TimesとかWall Street Journal、BuzzFeedといった10サイトを参照していたことを認めています。

またFacebookは、キュレーターがトレンド記事セクションの編集に使うツールの名前を「実態をよりよく反映すべく」変更すると言ってます。たとえば旧名「blacklisting」ツールは実際トレンディングしているトピックをブロックするツールですが、これからは「revisit(再訪)」という名前になります。また「injection(注入)」ツールというのはその逆に、トレンド記事に人為的にプラスするときに使われてたものですが、その名前は「topic correction(トピック修正)」となるそうです。って、結局人為的な操作が入るのは変わらずなんですね。まあでも確かに自動処理だけだとデマでバズってるものとかも入る可能性があるし、難しいとこですね…。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。