斬新! Googleの自動運転車用の新特許はハエ捕り紙風

斬新! Googleの自動運転車用の新特許はハエ捕り紙風


Googleは自社の自動運転車は物に衝突しない能力に長けていて、人命を守ることができると誇示していますが、実際のところテスト車両が公道で接触事故を起こしてたことが明らかになりましたよね…。

路線バスとの接触事故も怖いですが、もし自転車や歩行者と接触してしまったら? そんな時のバックアッププランとして、Googleは人間用ハエ捕り紙的なアイディアを考え、特許の権利を得ることができたようです。

でも人間用ハエ捕り紙って?と思いますよね。これは、車のボンネット部分に強力な粘着力のある素材を取りつけるというもの。こうすることによって、歩行者やサイクリストがGoogleの自動運転車と接触してしまった際に、彼らを二次的衝撃から守ってくれるそうです。

ここでいう二次的衝撃というのは、動いている車と人間が接触事故を起こした際、人間は跳ね飛ばされて車のルーフ方面へと飛んでいったり、硬い道路にたたきつけられたリ、走行してきた他の車に再び跳ねられてしまうというもの。こういったことが起こらなければ、事故にあった人々が受ける怪我やダメージは少なくなるはずなので、接触した時に人間をボンネットにピタっとくっつけてしまえば、この二次的衝撃から守れますね、ということです。この特許は2014年に特許申請されており、自動運転車の全自動運転技術が向上するまでの一時的なソリューションとしてデザインされたもののようです。

それにしても、Googleがどんな種類の粘着剤の使用を検討しているのか気になります。特許の資料の中では、卵の殻風なコーティングでレイヤーを作り、クラッシュしたときに外側の素材が割れてその下の粘着質な層で人間をペタッとボンネットにくっつけるようなイメージなようです。なので、走ってる間に虫やゴミがくっついちゃって困るなんていう心配はいらないようです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。