病院のタブー? 医療ミスでの死亡例は信じられないほど多いとの指摘

病院のタブー? 医療ミスでの死亡例は信じられないほど多いとの指摘


日本の病院は大丈夫なのでしょうか?

人の死亡原因のトップはがん、それに心臓病や糖尿病などなど…。そう信じてきましたけど、実は大きな声では語られない不都合な真実が指摘されていますよ! 本当は医療ミスで死に至ってしまっている例が、報告されていないだけで非常に多いようなのです。

このほどJohns Hopkins University School of Medicineの研究者らによる調査で、後に医学ジャーナルのBritish Medical Journal(BMJ)に掲載された論文によると、全米で発生したと考えられる病院内での医療ミスが絡む死亡例は、2013年中に少なく見積もっても25万件にのぼったそうです。

これは、がんまたは心臓病で亡くなった人数に次いで、全米では第3位の死亡原因にあたるんだとか。National Center for Health Statisticsが公表している、脳疾患、不慮の事故、糖尿病、インフルエンザ、肺炎が原因の年間死亡者数のいずれをも上回っていると発表されていますね。


人間は細菌や心肺機能の異変などの理由だけで命を落とすのではない。(医師と患者の)コミュニケーションのまずさ、一貫性に欠けた治療方針、診断上のミス、誤った薬の服用などが原因で亡くなる人は少なくない。


同論文を発表したJohns Hopkins University School of MedicineのMartin Makary教授は、このようにコメントしています。米疾病対策センター(CDC)では、米国民の死亡理由をInternational Classification of Disease(ICD)コードに分類された病名に基づいて記録し、統計化を進めています。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年5月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。