コンピュータのメモリの仕組みはどうなってるの?

コンピュータのメモリの仕組みはどうなってるの?


RAM、DRAM、SRAM、SSD、HDD…コンピュータやスマートフォンのメモリーに使われている、アルファベットをかき集めたような言葉。これだけを見てすぐになんのことかすべてわかるという人のほうが少ないでしょう。さらには、いったいそれらの文字の羅列がどういう意味で、どう機能しているのかを理解するのはもっと難しいですよね。

こちらのTED-Ed動画では、コンピュータのRAM(ランダム・アクセス・メモリ)がまるで人間の記憶のように動くその仕組みが紹介されています。DRAMとSRAMの違いを知らなかった? なぜ時代遅れのストレージの代わりに、新しいノートパソコンにはSSDが入っているの? その答えはこの5分の動画が全部教えてくれます。


動画を見る


プログラムやファイルは、通常ビットとよばれる0と1の集まりである「2進数(Binary Digit)」であらわされ、メモリセル内に記録されています。このビット(Bit)という言葉自体が「2進数(Binary Digit)」の略称ということなんです。それらはコンピュータの脳であるCPU(中央処理装置)で処理されます。

コンピュータは私たちの脳でたとえるなら、基本的に今やっていることに関する「短期記憶」しか持ち合わせません。「長期記憶」には、記憶用のストレージが必要です。プログラムを動かすと、OSは短期記憶内にプログラムを実行するための場所を割り当てます。たとえばなにかのソフトウェアでキーを押すと、CPUが短期記憶にアクセスしデータを取得し、それを変化させたり新たにものを作ったりするのです。このデータ取得から結果がでるまでにかかる時間を「レイテンシ」とよびます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。