次なるシェアハウスのかたちは、まるでリッチなホステル?

次なるシェアハウスのかたちは、まるでリッチなホステル?


キーワードは、ネットワーク。

世界中に居住コミュニティを展開するRoamは、昨年設立されたばかりの新しいスタートアップ

現段階でRoamが利用できるのは、マイアミとインドネシア・バリ島にあるウブドのみ。ただ、SoundCloud創立者のEric Wahlforss氏をはじめとするエンジェル投資家から、330万ドルのファンドレイジングに成功したという同社。今年には、ブエノスアイレスやロンドンにもオープンが予定されているそうですよ。

共同創立者のBruno Haid氏は「30年ローンなど従来の居住スタイルを選ぶよりも、Roamは、興味や好奇心に沿って生きる人々のための道づくり」だといいます。たしかにこのサービスからは、特定の場所に腰を下ろしてひとつの拠点を創り上げるという以前の考え方から、次の時代へシフトしつつある流れが改めて感じられます。

とはいっても、誰もが気軽に利用できるサービスかといえば、そうでもなさそうです。


次なるシェアハウスのかたちは、まるでリッチなホステル?


ここに格安ホステルとの違いがあるともいえますが、週500ドルあるいは月1,800ドル(税抜)で、Roamのどんな宿泊施設も(多くはホテル改造版)利用できるというサービス。航空券の手配や生活費を考えると、ちょっとお高め。

部屋は、占有バスルームつきの個室。一方で共有するのは、台所、リビング、ランドリー、プール、メディアルーム、WIiFiなど。正直、この額出せば世界の多くの都市でシェアせずとも良い暮らしができそうでもありますが...。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュース

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。