Apple、トランプ不支持を明確に。共和党のスポンサーを辞退か

Apple、トランプ不支持を明確に。共和党のスポンサーを辞退か


いよいよ大統領選も佳境に。

Appleが、アメリカの共和党全国大会のスポンサーを辞退する可能性があることが明らかになりました。

共和党全国大会とは、同党の大統領候補を指名するイベントで、現時点ではドナルド・トランプがその対象となっています。そして、大手企業がこのイベントをサポートするのは慣例ともなっており、2008年に行なわれた同大会で、Appleは14万ドルを寄付しています。

Appleがスポンサーを辞退した表向きの理由は、トランプによる女性や難民、近隣諸国などに対する差別的な発言とのことですが、その裏には、「米国内で生産せよ」「Apple製品をボイコットしよう」など、同社に対する敵対的ともいえる態度もあるとみられます。

現時点で、GoogleやFacebookなどは予定通りスポンサーになる見通しですが、マーク・ザッカーバーグがF8でトランプの政策を批判するなど、もしかしたらアメリカのIT企業による「トランプ離れ」が加速するかもしれません。


source: New York Times, THE WRAP

(渡邊徹則)

■ あわせて読みたい・このイヤフォン、最強コスパかも
そうこれ! かっこいい写真が撮れる「具体的なコツ」
「WWDC 2016」&「E3」をラジオで振り返り!
世界の時間を制覇するハンサムなやつ。その正体は?
合コン好き女性たちの本音とタテマエ

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。