工事中の地下鉄の代わりに川を渡るベストな方法は? 出てきたアイデアが面白い

工事中の地下鉄の代わりに川を渡るベストな方法は? 出てきたアイデアが面白い


キーワードは、水上システム。

ニューヨークのイースト川両岸、ブルックリンとマンハッタン間を結ぶ、地下鉄Lトレインが修繕工事のため一時的に閉鎖されることになりました。当初は多くのニューヨーカーがこの話を冗談だと受け止めて笑っていましたが、工事には数カ月から数年かかると見込まれていることが明らかになり、次第にビジネスへの影響を嘆く声が上がるようになりました。

イースト川を渡るための交通インフラとして一部から提案されたのは、新たにゴンドラを設置するというアイデア。移動時間はたったの4分、1時間に5,000人もの乗客が利用できるというメリットがある一方で、地下鉄修繕工事とほぼ同じ建設費用と時間がかかることが指摘されていました、

そんななか、建築家やエンジニアが集まり、共同デザインを話し合うシャレットの場がVan Alen Instituteによって開催されたことがGothamistで報じられました。


工事中の地下鉄の代わりに川を渡るベストな方法は? 出てきたアイデアが面白い

巨大な風船型トンネルの内部イメージ(Image: AECOM’s Gonzalo Cruz, Xiaofei Shen, Garrett Avery, Rayana Hossain)


特に好評だったのが、ウィリアムズバーグからロウアーマンハッタンを徒歩で移動できる「Light Transporter(Lトレイン・トランスポーター)」というアイデア。

巨大な風船のようにモコモコした仮設トンネルで、内部にはインタラクティブに反応するようプログラムされたグラフィックが彩られる仕様なのだとか。また安全性について、AECOMのエンジニアたちは十分に丈夫であるといいます。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年6月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。