夢の対決「モハメド・アリ対スーパーマン」が実現した経緯

夢の対決「モハメド・アリ対スーパーマン」が実現した経緯


アリ!ボンバイエ!

先日74歳で亡くなった世界最高のボクサー、モハメド・アリ。日本ではかつてプロレスラーのアントニオ猪木と対決したことで有名ですが、実は最高のアメコミヒーロー、スーパーマンともコミック上で対決しています。

今回はその夢の対決に至るまでの制作側の経緯をご紹介。

「SUPERMAN VS. MUHAMMAD ALI」は1978年に、DCコミックスから刊行されたコミックです。いわゆる読みきり形式で、72ページ(通常のコミックは20~30ページ前後)の特別号でした。

あらすじ:ある日、エイリアンの「スクラブ」がその種族最強の戦士と地球最強の戦士との対決を求めて現れた。彼らは要求を飲まねば地球を破壊すると脅迫してきたため、最強戦士としてスーパーマンが名乗り出る。しかしボクシングの世界チャンピオンであるモハメド・アリが「スーパーマンは地球人じゃないし、パワーを持っていて不公平だ」と(アリらしい?)物言いをする。

こうして地球の代理戦士を決めるため、スーパーマンの力が常人と同じになる赤い太陽の光が注ぐ惑星でのボクシングの試合が決定。人類の存亡をかけた世紀の対決が繰り広げられることとなった――

日本でも「スーパーマン対モハメド・アリ」というタイトルで邦訳版が発売されていたので、読んだことがあるという方もいるかもしれません。

作者はデニス・オニール(ストーリー)とニール・アダムス(アート)。2人はDCコミックスではともに「バットマン」や「グリーンランタン/グリーンアロー」を担当し、そのキャラクター像は現代の作品にも受け継がれている偉大なクリエイターです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年6月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。