iPhoneの落ち目が止まらない! ついに日米中すべてで販売不振に…

iPhoneの落ち目が止まらない! ついに日米中すべてで販売不振に…


秋に巻き返しはあるのか…?

Appleにとって稼ぎ頭となってきたiPhoneシリーズ。しかしながら、現時点で最新モデルの「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」の失速が止まりません。これまでiPhoneがスマートフォン市場で圧倒的な強さをみせてきた地域でも、とうとうAndroidスマホに抜かれる不振ぶりですよ。

このほど調査会社Kantar Worldpanelは、今年3~5月の米国市場におけるスマートフォン販売状況を調査した最新レポートを発表。米国内販売台数の16%が、Samsungの「Galaxy S7」および「Galaxy S7 Edge」で占められ、iPhone 6sとiPhone 6s Plusを合計した販売台数を抜き去ったことが明らかにされています。

実は世界では、いまGalaxy S7シリーズの売れ行きが着々と伸びています。その最新デザインが好評なほか、防水性能やワイヤレス充電機能が支持を集めています。いずれもiPhoneユーザーにはうらやましい、まだ未実装の機能・性能のためこのまま新モデルの「iPhone 7」で差を縮められなければ、ますますSamsungにAppleの本場米国市場でもお株を奪われるのでは? そんな懸念すら表明されているみたいです。

Kantar Worldpanelは、世界各国のスマートフォンOSシェアの最新レポートも同時に発表。米国内では、ついにiOSのシェアが今年5月に初めて3割を切ってしまいました。さらに深刻なのは、Appleが重要市場と位置づける中国での苦戦ぶりです。Androidスマホのシェアがグングンと伸びているのに対して、iOSのシェアは落ち続けており、ついに全体の2割を下回りましたよ~。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年7月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。