NVIDIAのエンジニアは猫を追い払うのにもディープラーニングを使うらしい

NVIDIAのエンジニアは猫を追い払うのにもディープラーニングを使うらしい


ペットボトルより効きそう。

野良猫などが敷地にフンをしてしまう、いわゆる「フン害」。お庭がある家に住んでいる場合、悩まされている方もいらっしゃるかもしれません。

グラフィックボードなどで知られる、NVIDIAのエンジニア、Robert Bondさんもその1人。ガーデニングが趣味の奥様とともに、どこからともなく現れる猫に頭を抱えていたそうです。

とはいえ、暴力的に追い払うのもかわいそう。そう考えたBondさんは、なんとディープラーニングを活用することにしたとのこと。

具体的には、コンピュータにたくさんの猫の画像を見せてその形を記憶させ、監視カメラを設置した庭に、その「形」が入ってきたらスプリンクラーを起動させ水をまく、というやり方だそう。


NVIDIAのエンジニアは猫を追い払うのにもディープラーニングを使うらしい

image via NVIDIA


当初は、Bondさん本人にもスプリンクラーが作動してしまったそうですが、徐々に精度を高め、ついには庭に猫が寄りつかなくなったそうです。

おそるべきディープラーニング。最終的には、「猫の形」ではなく、「猫がフンをしそうになっている形」にすれば、愛でる楽しみも残せていいかもしれません。


Top image by steve p2008 via Flickr
source: Robert Bond via NVIDIA

(渡邊徹則)

■ あわせて読みたい・「Pokemon GO」のプレイに用意すべきアイテム6選
ドラゴンフォース曰く「BABYMETALはメタルやロックへの入り口」
PlayStation VRが7月23日に予約再開! メルマガ登録で抽選購入も可能
夏の思い出をきれいに残す、充電の心配がいらないスマホ
海に山に、BBQに!外飲みで楽しみたいビールBestバイ!

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年7月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。