中世騎士道の鑑はクソ重い甲冑で走り込みをしていたことが判明

中世騎士道の鑑はクソ重い甲冑で走り込みをしていたことが判明


中世フランス騎士道の鑑ブシコー元帥がまとった甲冑は26.18kg。米俵の半分近くあります。

もはやC-3POやブリキ男のカクカクした動きしか想像つきませんけど、ジュネーブ大学が元帥の訓練メニューを再現してみたところ、とてもあの格好からは想像もつかないほど激しい動きをこなしていたことがわかりました!

プレートアーマーは重過ぎて「落馬したら起き上がれない」とされますが、それが本当かどうかを確かめるため同大講師のDaniel Jaquetさんたちはレプリカを作って動作範囲とエネルギー負荷を計測し、先月の「Historical Methods: A Journal of Quantitative and Interdisciplinary History」に成果を発表しました

「現代人が思う以上に動けた」という話は中世研究者の間で前々から言われていたことですし、NYメトロポリタン美術館なんて1924年の段階でもう常識のウソを指摘する教育用映像を作ってます。でもデータで実証した研究が出てきたのはここ5年ぐらいの動き。

以下はJaquetさんたちが5年前に初期の研究成果をまとめた動画です(日本語解説)。


動画を見る


今回はその続編として、百年戦争期のフランス王国の大元帥ジャン2世・ル・マングル(通称ブシコー元帥)に焦点を当ててみました。元帥は1415年アジャンクールの戦いでイギリスに捕えられるまで輝かしい戦歴を残した名将です。この訓練メニューがなかなかスゴいのです。動画の翻訳でどうぞ。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年7月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。