ドナルド・トランプはイノベーションを脅かす存在になる。米テック業界のリーダーたちが抗議文を公開

ドナルド・トランプはイノベーションを脅かす存在になる。米テック業界のリーダーたちが抗議文を公開


シリコンバレー、怒ってます。

米国のトップテクノロジー企業のリーダーたちは14日、ドナルド・トランプに対する抗議文をMedium上で発表しました。「Trump would be a disaster for innovation(トランプはイノベーションにとって脅威となるだろう)」と記された文書からは、テック業界が抱いている切実な危機感がひしひしと伝わってきます。

抗議文に署名しているのは、Apple共同創業者のスティーブ・ウォズニアック、TumblrのCEOであるデイヴィッド・カープ、Twitterの共同創業者エヴァン・ウィリアムズ、eBayの創設者であるピエール・オミダイア、Redditの共同創業者であるAlexis Ohanian、Slackの創業者Stewart Butterfield、YelpのCEOJeremy Stoppelmanなど、そうそうたる面々。

文書では「トランプが分裂を煽り、テクノロジーに対して無知であり、適切な判断を下せず、女性や移民、有色人種への差別的な態度を示している」と痛烈に批判。

また、トランプのアプローチは開かれたアイディアの交換、人間の活動の自由、他国との実りある関係の構築など、アメリカ経済にとって不可欠な要素とは対極にあることを指摘、彼が掲げる移民の国外追放やプロファイリング、「国境の壁」政策に対して大きく「NO!」を突きつけています。

以下が抗議文の内容です。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年7月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。