愛か?執念か? 「セガサターン」をクラックした男

愛か?執念か? 「セガサターン」をクラックした男


彼はセガサターンから光学ドライブを取り去ったのです。

ご存じのとおりセガサターンはセガが発売した家庭用ゲーム機。ゲーム市場をめぐりPlayStationと激しい戦いを繰り広げた名機です。日本でも根強いファンが多いハードですが、発売から22年もたった今、そのクラックに成功した人物が現れました。


動画を見る


こちらはdebugliveの動画。Dr Abrasiveと名乗る男性が、セガサターンのゲームをUSBメモリから起動できるゲームローダーを作り上げています。

サターンのソフトウェア開発に興味を抱くものの、セガサターンのゲームCDにはコピープロテクトがあり、ただCD-Rに複製しただけでは動かせません。特殊なチップを使うことでプロテクトは回避できますが、Dr Abrasiveは背面にある拡張スロットに注目したようです。


愛か?執念か? 「セガサターン」をクラックした男


そう、ビデオCDを再生できるムービーカードスロット。

一般的にはムービーカードをセットすることで、MPEG再生に対応し、一部ゲームのムービーが高画質で楽しめるようになる拡張ポートです。対応ゲームは少ないものの、「LUNAR シルバースターストーリー(MPEG版)」や「ガングリフォン」など、人気タイトルでは一部ムービーを高画質(と言ってもMPEG画質ですが)で楽しめます。

通常であれば、MPEGデコーダーとしてのスロットですが、研究の末、ここからゲームのデータを読み込めることを突き止めたDr Abrasiveは、CDを使わずにゲームデータを読み込むためのアダプター「Saturn Satlator」を開発。このアダプターを利用することで、ゲームから吸いだしたイメージデータをサターン実機で遊べます!


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年7月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。