アイディアを盗まれた有名アメコミ・ヒーロー10選

アイディアを盗まれた有名アメコミ・ヒーロー10選


そのおかげで彼らはいるわけですが……。

マーベル・コミックとDCコミックスの2大アメコミ出版社の間では、何十年にも渡り、ヒーローたちの盗み合いがあるとされています。

インスピレーションやオマージュではなく、見た目や名前やコンセプトなど、「ホントに良いの?」というくらいモロにまねしているものもあるんです。そして、元ネタを踏み台にして有名になったキャラたちも多くいます。

今回はそんなアイディアを盗まれたヒーローたちをまとめた、ScreenRant動画をご紹介。


動画を見る

ウルヴァリン


ウルヴァリン登場の10年前、1964年にティンバー・ウルフはDCで誕生しました。2人は実験により超人的な回復力と超感覚、怪力、武器になる爪を得ています。ビジュアルもそっくりです。

ホークアイ


グリーンアロー登場から23年後の1964年に登場したのが、ホークアイ。どちらも普通の人間でありながら、神や超人たちとともに戦います。2人とも若くして両親を亡くし、グリーンアローはブラック・カナリーと親しく、ホークアイはブラック・ウィドウと親しい間柄です。

サイボーグ


DCのヴィクター・ストーンことサイボーグは「ジャスティス・リーグ」と「ティーン・タイタンズ」のメンバーで、初登場は1980年。彼の元ネタは、1974年に生まれたマーベルのデスロックだと言われています。

どちらも一度死んでから機械の体を与えられて、よみがえるキャラクターですが、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」にもデスロック計画の被験者として作り出されたキャラが活躍し、サイボーグと同様に人間と機械の間で苦悩します。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年7月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。