新世代VAIOになってから初のファミリーVAIO参上。感性的デザインの「VAIO C15」

新世代VAIOになってから初のファミリーVAIO参上。感性的デザインの「VAIO C15」


昨年発売されたVAIO Fit 15E mk2もあったけど、これはSONY時代のアーキテクチャだと思うのですよね。

設立2周年を迎えたVAIO株式会社から、VAIO Z/VAIO Sとは別となる新たなPCラインが発表されました。モデル名は「VAIO C15」。Cはコンシューマーの意味でしょうか。

VAIO ZもVAIO Sも、コンシューマー向けではありますが基本ビジネスPC。性能を重視した作りになっていました。「VAIO C15」は違います。15インチ級で重量は約2.5kg。スタンダードでベーシックな据え置きノートです。ブラウザビューワー、画像ビューワーとしての用途が中心で、ときどきOffice系アプリを使うといった、家庭用パソコンに求められる性能にとどめています。


新世代VAIOになってから初のファミリーVAIO参上。感性的デザインの「VAIO C15」


基本モデルはCPUがCeleron-3215U(1.70GHz)で、ディスプレイが15.5型ワイドWXGA(1,366✕768ドット)。HD解像度を基準としています。オンラインでカスタマイズすれば Core i3-5005U(2GHz)+15.5型ワイド・フルHD(1,920×1,080ドット)のCPU&ディスプレイも選択できますが、従来のVAIOに感じていたハイスペック感はありません。


新世代VAIOになってから初のファミリーVAIO参上。感性的デザインの「VAIO C15」


でも、これが狙いなのでしょう。 「VAIO C15」発表会時、商品企画部の小笠原努さんは同機を「感性的デザインの製品である」と解説。日々の気分や気持ちを高めてくれるような個性的なカラーリング&デザインも、VAIOの考える「快」のひとつなのだそうです。そしてCPUそのほかのスペックには触れず。CPUがコレで、価格がコウで、といった視点を持つ人ではなく、この形と色をおうちのテーブルの上に置きたいと考える新たな顧客開拓を担うモデルなのでしょう。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年7月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。