シベリアで炭疽病が発生した恐ろしい理由

シベリアで炭疽病が発生した恐ろしい理由


ツンドラの氷土から死霊が蘇る…まるでホラー映画みたいな展開。

猛暑のシベリア西部ヤマロ=ネネツ自治管区で先週から炭疽菌が拡散し、家畜のトナカイが1,500匹大量死する事件が発生しました。NBCRTによると、永久凍土に70年以上前に埋められたトナカイの骸から、猛暑で炭疽菌が蘇って広まった模様です。

平年は平均17℃なのに今年は35℃まで上がり、シベリアでは大規模な山火事地面にガスが充満してぶよぶよになるなど、不気味な現象が起こっています。

炭疽菌被害は1941年以来のこと。シベリアでは炭疽菌による被害が50年以上なかったことから、トナカイへの予防接種は10年前に停止していたのですが、この非常事態を受けて政府は慌てて復活させ、トナカイの遊牧民13家族を病院に収容、残り60名を一時避難させました。

こういうことがあるだろうなーというのは前々から言われていたことではありますが…実際に起こるとは…。太古のウイルス、細菌、植物、動物が長い眠り(最長で数百万年)から蘇る現象については「復活生態学(resurrection ecology)」という研究領域もできあがっている、という話は昨年「氷が解け数千年の眠りから覚める生命体たち」で紹介しましたが、だいたいのものは良性です。

70年以上前の遺体が感染源と特定された場合、悪性の菌が蘇って被害を及ぼした世界初の事例ということになります。

怖いのは、これで幕引きということもなさそうなこと。

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年8月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。