映画で描かれるサイコパス、精神科医が思う最もリアルなキャラはコレ

映画で描かれるサイコパス、精神科医が思う最もリアルなキャラはコレ


あの人もこの人も本物のサイコパスではないわけだ。

身近にいたらたまったもんじゃありませんが、映画の悪役として不動の人気を誇るサイコパス。共感力に乏しく、暴力的というのが一般的なサイコパスに対する認識だと思いますが、はたして映画のサイコパスはどれほど忠実に描かれているのでしょうか? 

Tech Insiderが報じた、400本の映画の中から精神科医がチョイスした最もリアルなサイコパスキャラの答えをどうぞ。

2014年にベルギーの精神医学教授のサミュエル・ルイステッド氏が10人の友人の協力を経て3年間かけて、1915年から2010年までに公開された述べ400本の映画を調査したことろ、サイコパスは126人、そのうちの105人が男性だったそうです。その中で最もリアルなサイコパスは以下の3人。

映画「ノーカントリー」(2007年)のアントン・シンガー


動画を見る


こちらはBVHEMiramaxによる公式予告編。


コーエン兄弟の超暴力描写映画「ノーカントリー」のハビエル・バルデム演じる殺し屋アントン・シンガー。殺人を犯す時の薄気味悪い平常心が決めてとなっているようです。


動画を見る


DARTHbryan1がアップしたアントン・シンガーの殺人シーンをまとめた動画をどうぞ。

映画「M」(1931年)のハンス・ベッケルト


動画を見る


こちらはVTMovieTrailerによる公式予告編。

ピーター・ローレ演じる、子供殺しのハンス・ベッケルト。ローレが表現したのは、子供殺人の衝動を抑えることができない平凡な男性で、リアルではおそらく境界型分裂病と診断されるだろうとのこと。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年8月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。