Appleが(やっと)バグ発見協力者への報奨金プログラムを発表

Appleが(やっと)バグ発見協力者への報奨金プログラムを発表


ついに!

Appleが、セキュリティ関連のカンファレンスBlack Hatにて、Apple製品の脆弱性を発見、報告してくれる協力者への報奨金プログラムを開始することを発表しました。

報奨金プログラムは、バグを発見し、内密に報告してくれるハッカーに対して、最大で20万ドル(約2,000万円)を、お礼として支払うというもの。現状、Appleにバグ報告をした協力者は、その功績を認められるだけです。サンバーナディーノ銃乱射事件で、一部のプロハッカーがFBIに協力したのも、功績を認めるだけというAppleの姿勢に原因があったのではないかと批判する声もあがっていました。

GoogleFacebookには、すでにバグ発見報奨制度があり、今回のAppleの導入は、正直やっとという雰囲気。その分、報奨額はけっこうなものです。ネタ元のCNETによれば、Googleの最大報償額の約2倍なんですって。

プログラムは近々スタート予定。ホワイトハッカーのやる気もあがります。


image by View Apart / Shutterstock.com
source: Reuters via CNET

(そうこ)

■ あわせて読みたい・西へ飛ぶほうが時差ボケは少ない! 人体メカニズムから解明
小室哲哉さんが「テクノロジーに興奮する時とは?」
iOS 10 パブリックベータプレビュー:「Music」と「Message」、日々の肌ざわりはどうなる?
どう評価する? 真田幸村が部下だったら/真田昌幸が上司だったら
「移動」できない高齢者を救うサービスとは?

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年8月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。