映像化されなかった幻の「スター・ウォーズ」。小説「侵略の惑星」の裏側

映像化されなかった幻の「スター・ウォーズ」。小説「侵略の惑星」の裏側


「新たなる希望」の続編になるはずだったのに!?

映画「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の撮影と同時進行で書かれ、1978年に出版された「スター・ウォーズ スプリンター・オブ・ザ・マインズ・アイ」。日本版では「侵略の惑星」として翻訳されていますが、この話を知らない方々も多いかと思います。

今では廃版となった幻のこの作品。その内容や裏側にあった大人の事情など交え、Looperがまとめています。


動画を見る


もしこの小説が活かされていたら、現在の「スター・ウォーズ」はどうなっていたのでしょうね? では動画の内容を拾ってみましょう。

この本が書かれた理由


映像化されなかった幻の「スター・ウォーズ」。小説「侵略の惑星」の裏側

インパクトのあるカバー・アート


作者はジョージ・ルーカスのゴースト・ライターとして雇われたアラン・ディーン・フォスター。この本は、もしも「新たなる希望」がヒットした場合に、続編が完成するまでの間にファンを飽きさせないよう、そしてあわよくば続編の脚本の叩き台として活用しようという思惑で書かれました。

1995年にはコミック・ブック化して4巻まで刊行されたこの小説。執筆時、フォスターは映画が制作中につき「スター・ウォーズ」がどんな映画なのかよく知らされておらず、何パターンかのシナリオと16ミリフィルムで撮ったザックリとした映像、そしてコンセプト・アートを数点しか与えられていない状態で書かされたのでした。

大人の事情


映像化されなかった幻の「スター・ウォーズ」。小説「侵略の惑星」の裏側

この時はまだ1作目があんなにヒットするとは思っていなかった?


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2016年8月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。