映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」

映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」


イギリスの人気小説『荊の城』を原案に、自らの意志を通そうとする女性たちによる復讐と同性愛を、妥協のない濡れ場と衝撃的な展開を織り交ぜて描く、エロティック百合サスペンス映画『お嬢さん』。

今回は成人指定映画ながらも世界中で大ヒットしている本作を手がけた、パク・チャヌク監督にお話を伺いました。

エモーションの爆発するストーリーテリングとアクションで世界中を驚かせた『オールドボーイ』、 主演にミア・ワシコウスカを迎えてハリウッドデビューを果たした『イノセント・ガーデン』などの過去作とはまた一味違う、ユーモラスでかわいらしい魅力もある『お嬢さん』に込められた思いなどについて語っていただいています。

なお、本編のネタバレが含まれているので、くれぐれもご注意ください。あくまでも個人的な意見ですが、騙し合いが鍵なので、いっさい何も知らずに作品を一度観てから、この記事を読むことをオススメします。


***


映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」


――本作では美しく強い女性たちが自分たちの力で抑圧から脱して、アイデンティティーを解放していく姿が描かれています。監督の過去作にも、戦う女性は登場していますが、彼女たちに魅力を感じるようになったきっかけはなんでしょうか?

パク・チャヌク(以下、チャヌク):以前撮った『JSA』という映画には原作の小説があり、そこでは男性の将校が描かれていたのですが、映画にするにあたって、私はその人物を女性の捜査官へ変えました。

理由としては、韓国には家父長的なところが残っており、ましてや軍隊で女性の捜査官が捜査をするとなると、かなり排他的な状況になるのではないかと思ったからです。女性の捜査官がそのような状況で仕事をしていくというのは本当に難しくて、大変なことだと思いますが、女性が困難を突破していく姿がとてもドラマチックだと感じました。それ以来、映画の中に強い女性の主人公を登場させるのがとても好きになったんです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2017年3月1日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。