人工生命の実現へ人間は大きな一歩を踏み出した

人工生命の実現へ人間は大きな一歩を踏み出した


自然界には存在しないまったく新しい「生命」を、人間は自らの手で設計し作り出すことができるのでしょうか? 30年ほど前から続けられてきた「人工生命」の研究が、大きな一歩を踏み出そうとしています。

人工酵母菌ゲノム開発計画(Synthetic Yeast Genome Project)に携わる研究者たちは、酵母菌の全ゲノムを構成する16の染色体のうち6つの合成に成功したことを、Scienceで報告しました。酵母菌ゲノムを構成する染色体の3分の1以上を、人の手による人工物に置き換えることに成功したのです。

研究者が最初の人工ゲノムの構築に成功したのは2008年。J.C.ベンター研究所が細菌マイコプラズマ・ジェニタリウムの582,970個すべての塩基対ゲノムを完全にゼロから作り出した、人工生物学の驚異的な成果でした。101個のDNA断片を慎重に設計し、それらのコードが重なり合ってくっつくように、断片を1つずつ結合させなくてはならない大変な仕事でしたが、それも最終的に人工真核生物を作り出す過程における、数多くのステップの一つにすぎませんでした。

生物学者たちは現在、茶色くならない遺伝子組み換えリンゴや、死に至る病を引き起こす変異の修正など、DNAの大規模な遺伝子操作を行なっています。しかし、生物のすべてのゲノムを合成することは、自然に対する人間の支配が、前例のない領域に入ることを意味します。

「実にエキサイティングだ。研究者たちは、最も難しい課題に取り組んできた。酵母菌ゲノムの残りの3分の2は、これまでよりもずっと速く人工物となるだろう」 と、ヒトやブタの染色体を研究するハーバード大学の遺伝学者George Churchさんは、研究の飛躍的な進歩を予測しています。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2017年3月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。