『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本家が仕事を得た方法

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本家が仕事を得た方法


全ては一本の電話から始まった…。

2012年10月30日、DisneyがLucasfilmを買収したと発表し、新たなスター・ウォーズ映画を出すと発表したその日。世界中のファンがそのニュースに驚き慌てふためく中、ある人物はそこにチャンスを見出したのでした。

その人物とは、ゲイリー・ウィッタ。それまでは映画『ザ・ウォーカー』や、『アフター・アース』(原案はウィル・スミス、脚本はM・ナイト・シャマランと共同)などの脚本を執筆していた人物です。「僕は文字通りそのニュースをスマホで読んで即エージェントに電話して、オーマイガー、僕が参加できるようにしてくれよ、って言ったんだ」とio9に語るウィッタ。さらに「今ではどの脚本家もそうしていることだろうね。自分でもまさかこうなるとは思わなかった」と続けます。こうしてウィッタは、スター・ウォーズ・シリーズ初のスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が作られるに当たり、一番最初に脚本家として発表された人物となったのです。

ウィッタは後にLucasfilmの秘密の全体会議に召喚されました。「『ローグ・ワン』の話も、デス・スター設計図の話も、そういうのは一切なかった」とウィッタ。「LucasfilmはちょっとCIAみたいだ。とってもとっても秘密主義。会議に行って思ったのは、これでおしまいだ、ということ。そこから先、何かが出てくるとは思わなかった」とウィッタ。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2017年4月6日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。