Appleのティム・クックCEO、血糖値測定デバイスをApple Watchでテスト中?

Appleのティム・クックCEO、血糖値測定デバイスをApple Watchでテスト中?
image: Stephen Lam / Getty Images News / ゲッティイメージズApple Watchを装着するティム・クックCEO(2015年)


ちょっとうらやましいぞ!

Apple Watchで密かにテスト中と噂の、血糖値測定機能。糖尿病の患者さんには何よりもありがたい機能となりそうですが、米メディアのCNBCは新たに「Apple(アップル)のティム・クックCEOがApple Watch接続の血糖値測定デバイスをテストしている」と報じたのです。

CNBCによれば、クックCEOは自分の体にテストデバイスを装着し、食事やエクササイズによる血糖値の変化を測定。またこのデバイスはApple Watchに接続されていたそうです。将来的な一体化を目指して、現時点でのテストデバイスは分離式となっているのかもしれませんね。なお先月の報道によると、このApple Watchの血糖値計測機能は「非侵襲的」、つまり針などを利用せず身につけるだけで利用できるそうです。

関連記事:Apple Watchが血糖値を測定。Appleの秘密のチームが、先進的なヘルスケア機能を開発か?

現在は心拍数が計測できるApple Watchですが、その初代モデルの開発段階では「より多くのヘルスケア関連機能を盛り込もうとし、そして諦めた」ことが語られています。そのひとつに血糖値測定機能が含まれていたことは想像に難くありません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2017年5月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。