MITがプログラミングでトランスフォームする折り紙を発明

MITがプログラミングでトランスフォームする折り紙を発明
Image: Tangible Media Group / Vimeo, © 2012 Tangible Media Group / MIT Media Lab


布やプラスチックにも応用できます。

膨らんだ構造を折り紙のように曲げたり畳んだりでき、しかもそれをプログラミングで行えるという不思議な発明が登場しました。マサチューセッツ工科大学にある研究所MITメディアラボの、タンジブル・メディア・グループが生み出した「aeroMorph」です。

紙や布などの表面に大小さまざまな菱形模様を刻むことにより、そこを起点に膨らんだ物質がペコっと折られる仕組みなのです。まずは動画をご確認ください。


動画を見る
Video: Tangible Media Group / Vimeo


ヴィジュアル的に地味な技術ではありますが、開発者たちはこれを将来オモチャや家具、梱包材などに応用したいと考えているようです。

特殊な装置で模様を刻む前にはまず、専用ソフトでテストモデルを制作。折ったときの高さや角度などを調整し、どこをどのように折りたいかがシミュレーションできます。モデルの完成後はベクター形式でデータを保存し、装置に読み込ませるとのこと。

動画のように複雑で自由度の高い形状を作ることも可能。物体をヒネったり丸めたりできることから、創意工夫で新しいエアバッグとなる可能性も秘めています。膨らんだものを押すとその反応も検知できるので、開発者たちはロボティクスへの応用も期待しています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. プログラミング アプリ
ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2017年8月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「プログラミング + アプリ」のおすすめ記事

「プログラミング + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。