「マジで早く殺人ロボットを禁止して(二度目)!」イーロン・マスクたちが国連に手紙を送る

Images: Future of Life Institute

イーロン・マスクがAIの開発に警鐘を鳴らしているのはご存知でしょうか。このことを楽観視する専門家も多いですが、AIの急速な発展に危機感を持っているのは彼だけではありません。AIやロボット工学のエンジニアたちを含めた多くの専門家が、特に焦りの声をあげているのが自律型軍事ロボット、つまり殺人ロボットの開発です。

求められる国連主導の話し合い

二年前に、イーロン・マスクやスティーブン・ホーキングをはじめとする世界各国のテクノロジー、宇宙旅行、コンピューター、数学の分野に携わる1,000人以上の人々が「殺人ロボット」の開発競争を止めるよう求める公開書簡を提出したニュースを覚えている人も多いのではないでしょうか。専門家たちによるこういった動きによって、現在国連メンバーのうち123カ国が話し合いの機会を持つことに同意している状態です。しかし、「参加メンバーたちの資金未納によって話し合いは遅延され続けている」とThe Vergeは報じています。

規制についての具体策などが何も話されないまま2年が経ってしまいましたが、今回「人工知能に関する国際ジョイント・カンファレンス (IJCAI)」にあわせて、ふたたび専門家たちが署名する手紙が発表されました。手紙の内容と声明は、さらに緊迫感を増しています。以下は署名に参加しているClearpath RoboticsのCTOかつファウンダーであるRyan Gariepyの言葉です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2017年9月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。