大きなアイデアと大きなハート。加藤悦生監督作品『三尺魂/3ft Ball & Souls』

日本発の映画が海外の映画祭で注目や賞を集めることがどんどんと増えてきました。米io9のGermain Lussier記者は、2005年から続くテキサス州オースティンのSF映画祭Fantastic Fest(シネマ・チェーン、Alamo Drafthouse主催)で観た加藤悦生監督の長編映画『三尺魂/3ft Ball & Souls』のレビューを書いています。

大きなアイデアと大きなハートを抱えた映画。

クレイジーなコンセプトを現実問題に適用することに関しては、SFというジャンルがもっとも優れています。小規模な日本映画である加藤悦生監督の『三尺魂』はそれをまさにやってのけた映画です。

見ず知らずの他人である4人がオンライン掲示板で出会い、一緒に自殺することを決めます。自分について語ったり、なぜ自殺しようと思ったのか、お互いに伝えることは許されていません。ただ決められた場所に現れて巨大な花火を爆発させて一緒に死ぬだけ。この花火がタイトルにも含まれている「三尺玉」です。

しかし、花火を点火すると、自殺の日の朝に4人は戻されてしまいます。何が4人の死を妨げているのか、そして理由は何か。4人の登場人物たちはそれを解き明かそうとします。

加藤監督はタイムループのコンセプトとこの奇妙な状況を通じて、ゆっくりとそれぞれのキャラクターの素性を見せていきます。映画はスリル、驚き、そして時には笑いも交えて進められていきます。4人は次第に打ち解け合い、なぜ自殺しようと思ったのかを語り始めます。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2017年10月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら