レノボのChromebook「Lenovo 300e/500e」が日本上陸。4万8000円〜でThinkPad譲りの堅牢性とキータッチを。2018年5月発売

Photo: ギズモード・ジャパン

黒がかっこいい。

3月13日、レノボジャパンから2つのChromebook「Lenovo 300e」と「Lenovo 500e」が発表されました。海外ではすでに展開されているモデルですが、日本では今年(2018年)の5月から発売される予定です。今回は発表会で少し触ることができましたよ。

まずはChromebookのおさらいから。ChromebookはGoogleグーグル)が作ったChrome OSを搭載したラップトップのこと。扱えるアプリがChromeウェブストアなどで見つかるウェブアプリ(とAndroidアプリ)に限られる代わりに、非常に動作が軽いことが特徴です。OSが軽快なだけに強力なハードウェアを必要とせず、Chromebookの多くはラップトップとは思えないほどの低価格で販売されています。でもなめてはいけませんよ。最近のウェブ・Androidアプリは高機能なのです。

Photo: ギズモード・ジャパン

まず注目したのが300eと500eの黒い筐体。プラスチックだというのにゆがんだりせず、かなり頑丈な作りでした。でも重量はずっしりしているわけでもなく、軽くて堅牢といった印象。まぁ、それもそのはず。大人が立ったときのふとももあたりにあたる、75cmからの落下テストもクリアしています。多少のショックじゃ壊れないというのは、どんなユーザーでも嬉しいですよね。この堅牢さはレノボのThinkPadシリーズ譲りでしょう。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年3月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。