MITの柔らかおさかなロボット「SoFi」がかわいい

Image: MITCSAIL/YouTube

スーファミのコントローラー型パッドで無線操作します(超音波)。

世の中には秒速5mで進む、4Kカメラつき水中ドローンというハイテク製品もありますが、もっと現実の魚に似せて優雅に泳ぐ水中ロボットがあってもイイじゃない? ということでMITが作った「SoFi」。

これはMITのコンピュータ科学・AI研究所(CSAIL)のチームによるプロジェクトで、ソフトなフィッシュという理由から「SoFi」と名付けられました。

まずは尾ビレをフリフリさせて泳ぐ姿をご覧ください。

撮影されたのは、フィジーのレインボーリーフとのこと。

ボディーはシリコンと浮力のあるウレタン素材でできており、水深15mよりちょっと下まで、40分間遊泳することが可能。三枚おろしにはできませんが、カンタンにバラせるのでメンテも楽チンですね。ちなみにカメラのレンズはやっぱり……魚眼レンズだそうです。

「SoFi」はCSAILで初めての水中ロボットだそうで、チームを統率したロバート・カッチュマン博士いわく、「これで人間より水中の生態にもっと近付くことができ、より良く理解できるでしょう」とのこと。

これで何かMIT的な新発見などがあると面白いですね。


Image: YouTube
Source: YouTube via Mashable Asia, MIT News

岡本玄介

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年3月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。