NASAのケプラー宇宙望遠鏡、あと数ケ月で活動を停止してしまう

アーティストによるケプラーのイラスト Image: NASA

これまで2245個の太陽系外惑星候補、そして2342個の太陽系外惑星を確認した宇宙望遠鏡ケプラー。その燃料がなくなりつつあり、活動を停止するまであと数カ月しか残っていないことが明らかになりました。

「現在の予測では、ケプラーのタンクはあと数カ月で空になります。でも、ケプラーのパフォーマンスに驚かされたことは以前にもありますからね」と、ケプラー宇宙望遠鏡ミッションのシステムエンジニアであるCharlie Sobeck氏がNASAのプレスリリースで述べています。「なので、我々はフライト運用が近いうちに終わると予想する一方で、燃料が許す限り続けられるよう準備済みです」とのこと。

Sobeck氏の言う以前驚かされたこととは、2013年の危うく任務が続行不能になりかけた事故を指しています。望遠鏡は機器の故障に見舞われましたが、ミッションのプランナーたちは姿勢制御に太陽光の圧力を使うことで活路を見いだしたのです。これはミッションの第2フェーズとしてK2と呼ばれ、ケプラーは宇宙の異なる領域を3カ月ごとに観測しました。NASAはこれら年4回の観測をキャンペーンと呼んでおり、ケプラーの燃料が底をつくまでおよそ10回は行なえると推測していました。しかし信じられないことにK2フェーズはこれまで16のキャンペーンを完了し、現在は17つ目の最中にあります。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年3月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。