Apple Watchが学生IDカードになる時代、ついに到来

Image: Apple

カードレス社会、カモン!

Apple Watchはフィットネス機能だけでなく、電子マネー「Suica」が使えるなどますます進化していますが、米大学ではApple Watchを学生IDカードとして使う試みが発表されています。

Tuscaloosa Newsによれば、アラバマ大学ではApple Watchを学生IDカードとして利用し学生寮や図書館に立ち入ったり、夕食を買ったりできるようになるそうです。具体的には、カフェなどに設置された端末にかざして使います。まるで電子マネーのような使い方までできるのは驚き。しかし学生IDカードとして使うということは、後日大学から請求がくるのでしょうか?

ちょうど6月に発表されたiOS 12では、iPhoneやApple WatchのWalletアプリを使って学生IDカードをNFCでエミュレートする新しい機能が発表されました。ネタ元のTuscaloosa Newsで言及されているわけではないのですが、今回のニュースはこの新機能に関係しているのでしょう。

読み取り機器の対応などのハードルはありますが、こういった公的な機関でもいよいよiPhoneやApple Watchだけでカードレスな生活ができる日が近づいているのかもしれません。


Image: Apple
Source: Tuscaloosa News via Slash Gear

(塚本直樹)

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年6月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。