Apple Watchのながら運転で罰金! スマホと変わらず危険との指摘

Image: Denys Prykhodov / Shutterstock.com

もしや日本でも?

携帯電話を手に持って、通話しながらの運転が交通法規に違反していると定められてから、かなりの年数が経過しました。いまでは時代が進み、通話だけではなく、スマートフォンを注視・操作しながらの運転にも、さらなる厳罰化を求める声があがってきています。では、スマートウォッチだったら、どうなんでしょうか?

一瞬で画面の通知を確認できるため、スマートフォンほどのタッチ操作も必要とせず、たとえ運転中でも安全なのでは…? そんなスマートウォッチユーザーの心の叫びをバッサリと斬り捨てる事件が、このほどNational Postによって報じられました。

カナダのオンタリオ州の裁判所は、今年4月に運転中にApple Watchを操作し、交通法規に違反したとして、日本円にして4万円を超える、400ドルの罰金刑を命じる判決を出しました。Apple Watchはスマホではないとの反論は受け入れられなかったようですね。

問題のながら運転は、オンタリオ州南西部に位置するゲルフ市内の交差点で発生しました。赤信号で待っていたVictoria Ambroseさんは、何度かApple Watchを操作。信号が青に変わり、前の車は走りだしましたが、Apple Watchに夢中なAmbroseさんの車は、なかなか発進せず、その場に居合わせた警察官がパッシングで合図をしたといいます。これは運転中のながらスマホのようなものだと、Ambroseさんは交通違反で反則切符を切られてしまいました。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年6月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。