ある人の表情を別の人の映像で完全再現する「ディープ・ビデオ・ポートレイツ」

Image: Christian Theobalt/YouTube

今後あなたが画面越しに目にする人間は、すべてニセモノかもしれません。

かつてはAIのマシーンラーニングにより、映画『マン・オブ・スティール』のエイミー・アダムスが、ニコラス・ケイジの顔にスワップされた衝撃映像がありました。あまりに自然で、不気味の谷をひとっ飛びしてしまうほどの完成度でしたよね。

現在はそれに似たもので、いくつかの企業や大学がたった数分の機械学習で、ある人の表情の動きを、他者の顔で完全再現させる技術を共同研究しています。

それが「ディープ・ビデオ・ポートレイツ」と呼ばれるもの。どれほどカンペキなのか、映像をご覧ください。

ウィンクも眼球の動きも、役者の意のままオバマ元大統領やプーチン大統領になりすますことができます。それにマウスの動きを使って、マニュアルで表情や頭の動きを操作することも可能。

ほかにも元になる映像の表情と頭の動きを個別に編集し、まばたきを加えると? 同じ人物なのに違う表情で違うことを話しているような新映像を作り出すことだってできるのです。オバマ元大統領のスピーチを使い、口元だけ同じであとの動きは編集で違うというパターンもあります。

その次のデモでは、ドイツ人男性の映像に英語を話す男性の口の動きを適用。これで完全に自然な吹き替えが成立してしまいました。

また、1種類の映像から顔のパーツを学習し、完全に同じ映像を再現したり、背景を歪ませないような工夫や、フレーム数や解像度での違いなどもテストしており、顔の形をも変形させてしまうデモも行っています。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。