Nvidia、通常の動画から滑らかなスローモーション動画を生成する技術を開発

なめらか~!

すでに撮影された動画を滑らかなスローモーションへと変えるのは、なかなか難しい作業です。動画を引き伸ばすには数百もの存在しない中間フレームを生成するソフトが必要だったり、そうでなければカクカクした残念なできあがりになりがち。 そこでNvidia(エヌビディア)は、ディープラーニングの画像処理能力を活用して、通常のスピードで撮影された動画から滑らかなスローモーションを生成する方法を開発しました。研究のデモンストレーションでは、ギズモード・ジャパンでもおなじみの人気ユーチューバーThe Slow Mo Guysの動画をさらにスローにしていますよ。

30fpsの動画を240fpsの高フレームレートに変えるには、さらに210フレームを追加、つまり元々とらえられている1フレーム毎に7つの中間フレームの生成が必要になります。スローモーションでバターのごとく滑らかな動きを保つには、隙間を埋める前後のフレームを混ぜたりモーフィングしたりするだけでは十分ではありません。映画と比べてスポーツのスローモーション映像がカクカクしている理由も、こういったところにあります。

すでにある映像をスローモーション化する場合、RE:Vision EffectsのTwixtorのような高性能なVFXアプリケーション用のプラグイン製品で高画質な動画を生成することもできます。ですが、これには映像内のモーションの細かな分析が必要で、大抵はレンダリングに何時間もかかってしまいます。Nvidiaの場合、サンプル映像の結果に基づいて、これとは異なるやり方をとっています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 動画 アニメ
  2. 動画 ドラマ
ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年6月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「動画 + アニメ」のおすすめ記事

「動画 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。