Nvidia、通常の動画から滑らかなスローモーション動画を生成する技術を開発

学習には、1万1000本以上の240fpsで撮影されたスポーツのスローモーションを用います。それにより、ニューラルネットワークは前後のフレームに基づいて、不足している210もの中間フレームがどうあるべきかを予測できるようになりました。

スマートフォンと高性能なデジカメでも、このフレームレートでスローモーション動画を撮影できますが、高フレームレートになるにつれて生成されるデータの容量が大きくなり解像度は落ちてしまいます。Phantomのようなハイスピードカメラに何万ドルも費やすことに比べれば、NvidiaのAIは動画を撮影した後に処理するため、かなり廉価な代替手段でしょう。

従来よりずっと滑らかなスローモーション映像をお手軽に生成できるようになるので、実用化が楽しみですね。


Image: YouTube
Source: Nvidia via Prosthetic Knowledge, RE:Vision Effects

Andrew Liszewski – Gizmodo US[原文
(たもり)

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 動画 アニメ
  2. 動画 ドラマ
ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年6月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「動画 + アニメ」のおすすめ記事

「動画 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。