さよなら、リンゴが光るMacBook Pro

Image: MaddyZ/Shutterstock.com

来るMacあれば、去るMacあり。

昨日、突如発表されたMacBook Pro 2018年モデルですが、ストアを見回すとちょっとお安く販売されていたMacBook Pro 2015年モデルが消えていることに気づいた方もいるかもしれません。そう、彼らはメインの販売ラインアップから外れたのです。

2015モデルといえば、Appleロゴが光る最後のMacBook Proであり、接続ポートがたくさん搭載されていた最後のMacBook Proでもあります。USB-AやHDMI、Thunderbolt 2、そしてSDカードスロットが賑やかに並んでいました。そうそう、磁石でくっつくMagSafeコネクタもこの時代までは搭載されていたのです。

しかし2016年にMacBook Proは大刷新を遂げ、薄く軽く、そして外部接続ポートはUSB-C(Thunderbolt 3)とヘッドホンジャックのみに統一されました。登場した当時はいろいろと文句も多く聞かれた気がしますが、そろそろこのスッキリ感に慣れてきた印象?もあります。

Macのラインナップから消えたMacBook Pro 2015年モデルですが、完全にこの世から消え去ったわけではありません。なんとひっそりと、15インチモデルが「クリアランス品」として販売されているのです。購入できるのはおそらく在庫が残っている限りでしょうけど、どうしてもさまざまな外部接続ポートが使いたいんだ!という方は、こちらを狙ってみるのも良さそうです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年7月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。