翼がなくても飛べるんです。クモは風と電場を操って大空に舞う

Image: ©Michael Hutchinson/naturepl.com

鳥だ。飛行機だ。赤ちゃんグモだ!

空を自在に飛びまわる鳥やチョウ、ハチなどと並んで、クモも空を飛べるなんて知りませんでした。

科学者界隈ではけっこう前から知られていたようですが、たとえばブリストル大学によればダーウィンがビーグル号で旅をしながらまったく新しい生物学史を切り開いていた頃、海のど真ん中で無数のクモが乗船してきて、それらが無風なのにも関わらずものすごいスピードで船から空へと飛び立つのを見て驚いたという話です。

所変わって山形県南陽市の水田地帯では、かつて秋の終わりになると小さな子グモたちがいっせいに糸を風に流して飛ぶ現象が初雪の前ぶれとされ、「雪迎え」と呼ばれていたとか。

でも、翼も羽も皮膜も持たないクモが、いったいどうやって空を飛ぶんでしょうか?

今年6月に発表された研究が、クモが空に舞い上がる様子を明らかにしました。これを「バルーニング」というそうですが、百読は一見に如かず。まずはこちらをご覧ください。

Theklaちゃん(♀)は全長約5ミリ、体重25ミリグラムの比較的大きなカニグモ。ベルリン工科大学の研究者チームは、野外観測と風洞実験をあわせてTheklaちゃんとその仲間たちを観察した結果、風向きや風速など上空の様子を入念に探ってから飛行体制に入ることがわかりました。

風が秒速3メートル以下で上昇気流が穏やかな時を選んで、いざバルーニング体制に入ります。まず前足で何度も風の状態をチェック。納得できるコンディションであれば、今度はくるりと身をひるがえして風上のほうへ向き直ります。お尻を上に向け、先端の糸イボ(出糸突起)から3メートルほどの糸を何本も風にたなびかせ、地表とつないだ命綱を断つとともにあっという間にお空のかなたへ。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年7月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。