新しい「VOCALOID5」はどこが進化したの?

Image: ヤマハ株式会社

もうボカロというよりボーカルソフトだ(支離滅裂な発言)。

歌詞とメロディーを入力するだけで歌ってくれるVOCALOIDソフトの最新バージョン「VOCALOID5」が、2018年7月12日(木)にヤマハから発売されます。前回のワールドカップぶり、もとい4年ぶりの新作ですから、新機能からブラッシュアップまで、いろーんなところが変わったみたいです。

UI、かっこよくなったなぁ、嬉しい。Windows、Macで動作するほとんどのDAWソフトで、プラグイン(VST/AU)として使用でき、スタンドアロンでも動作します。「VOCALOID Editor for Cubase」ではCubaseとの連携が魅力でしたが、もはやDAWを問わずに使えますぞ。

ややこしい体系が整理

大きな変化としては、今まで「歌声ライブラリ」「VOCALOID Editor」などに分かれていたソフトが1つに統合されます。

歌声ライブラリとは、「初音ミク」や「鏡音リン・レン」などにあたる、皆さんご存知のボカロな音源の総称。このライブラリをVOCALOID Editorで読み込んで、歌わせたり編集したりというのが今までの流れでした。

VOCALOID 5ではこの歌声ライブラリとVOCALOID Editorがひとつに統合。これまでのVOCALOID EditorがVOCALOID 5に大幅進化し、歌声ライブラリの機能をソフト内に取り込んだというイメージ。新要素の「ボイスバンク」が、今までの歌声ライブラリにあたるようです。

...続きを読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年7月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。