iOS 12.1ベータ版から、撮影中でもボケを調整できる機能を確認

Photo: 武者良太

これがしたかった!

iPhone XSで、カメラのボケ機能は格段に強化されました。現時点ではこのボケ調節、撮影後の機能にとどまっていますが、なんと「iOS 12.1ベータ版」で撮影中のボケ調整も可能になることが確認されたのです。

現在のボケ機能は、ポートレートモードで撮影した画像を加工するためのものです。具体的にはトップ画像のように、被写界深度をスライダーで調整できるんですが、撮影時にプレビューできないのは二度手間感がありました。

しかしiOS 12.1ベータ版では撮影中でもこのスライダーが登場。リアルタイムでボケが調整できるようになっています。なんだか、まるで一眼カメラで被写界深度を変更しながら撮影しているみたいですね。MacKopfによれば、Apple(アップル)もこの機能の将来的な導入を認めているそうです。

なお、ベータ版に搭載された機能がそのまま正式版にも採用されるかどうかは不明。しかし、iPhone XSのカメラ撮影機能をより便利にするこのリアルタイムのボケ調整機能、ぜひ早い時期に配布が始まってほしいものです。

Source: 9to5Mac

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2018年9月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。