新型Mac miniのメモリ交換、自分でやるならこうだ!

Image: iFixit

作業難易度は意外と低め。

とうとうMac Proに肩を並べるまで性能アップした新型の「Mac mini」ですが、長期間使うにあたっては「メモリを自分でアップグレードできるかどうか」が気になる方も多いことでしょう。そんな需要に応えるべく、iFixitがMac miniのメモリのアップグレードガイドを公開していますよ!

Mac miniのメモリにアクセスするには、本体底面のカバーを外し、アンテナプレートを取り除き、ファンを取り除き…と、あれこれパーツを脱がせる必要があります。ただしこれらの作業はネジを外すだけでOKですので、それほど難しくはなさそうです。

Image: iFixit

そしてメモリモジュールまでアクセスできれば、あとは通常のPCのようにスロットからメモリを抜き、新たなモジュールを差し込むだけ。iFixitによれば、全作業は12ステップかつ10分で終了するそうです。うん、そのくらいならなんとか頑張れそう。

もちろんいつものことですが、このように自分で分解してメモリを交換した場合には保証サービスが受けられなくなる可能性が高いのは、心に留めておくべきでしょう。どうしてもスペックをアップグレードして長く使いたい、あるいは「保証なし上等だぜ!」という方だけ、自己責任でお試しくださいね。

Source: iFixit

元の記事を読む

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。