カメラはもう「脳」なしじゃ語れない:コンピュテーショナル・フォトグラフィーって知ってる?

Image: Gizmodo US

賢いカメラに未来あり。

気まぐれから始まったデジタルカメラ時代は、これまでに人工衛星、手持ちカメラ、胃カメラというように様々な進化を遂げてきました。もうそろそろ限界かなー、と思いきや、どうやらそのフルポテンシャルはまだまだ先。

次なる進化は「加工力」のようです。

通常、カメラの性能の話をするときはセンサーサイズやレンズの明るさなどのスペックが槍玉に上がりますが、これからはカメラどれほど気が利くかが大事になるでしょう。その根幹にある「コンピュテーショナル・フォトグラフィー」という技術は、いまは主にスマホカメラを語るときに使われていますます。Googleに続きAppleも2018年の9月に使い始めた言葉なので、2019年は「ノッチ」並に連発されるのは必至!

スマホカメラだけでなくこれからのデジカメすべてに影響を与え始めているコンピュテーショナル・フォトグラフィー。写真撮りなら無視できないカメラの最先端を、スパスパとご紹介していきますよー。

クオリティーは枚数で稼ぐ:Pixel 3

コンピュテーショナル・フォトグラフィーを知る上で欠かせないのが、HDRという技術です。これは、露出の異なる(明るい&暗い)写真を組み合わせることで、明暗が激しいシーンも黒つぶれ・白飛びさせず写せるというもの。

Pixel 3のカメラにも低露出の(暗い)写真を組み合わせて露出を積み重ねる「HDR+」という技術が埋め込まれていて、通常のとはちょっと違いますが、狙いどころは大体同じですね。またPixelにはもうひとつ「夜景モード」という機能があります。これはHDR+をさらに強化したような機能で、組み合わせる写真を増やしたり、組み合わせる写真の露出・露光時間を上げるなどで暗所撮影を得意としています。

...続きを読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年1月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。